設備紹介

ホーム > 設備紹介 > 熱処理

  • 設備紹介
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流
ねじと共に75年 特設サイトはこちら
採用情報はこちら
大阪螺子の海外事業展開
 タイ工場稼働中

熱処理

徹底した自動化による、省人加工を実現

熱処理工程はユーザーが求める特性を得る工程です。
この工程のポイントは製品を加熱する温度と時間!温度と時間は膨大な蓄積データを元に決定します。材料(材質・製造メーカー等)によって異なる設定値をデータベース化し、このデータを利用して温度と時間の設定を行うことで特性を思いのままに操ります。

熱処理

連続焼入れ焼き戻し炉

連続焼入れ焼き戻し炉

連続熱処理炉を使用し、製品の焼き入れ、焼き戻しを行っています。
製品が炉の入り口から入って出口から出てくるまで、約5時間半。時間をかけて焼き入れと焼き戻しの処理を行い、製品の特性を決定します。
また、熱処理後の製品は見た目で良品かどうかは全くわかりません。
そのため、熱処理工程では自動硬度測定器など効率的に特化した設備により、省人工でかつ厳しい品質チェックを行います。

1. 長年蓄積された膨大なデータベースから引き出す温度条件 2. 徹底した省人化により人生産性は社内ピカイチ!
  • 設備紹介トップ
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流

PAGETOP