設備紹介

ホーム > 設備紹介 > 物流

  • 設備紹介
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流
ねじと共に75年 特設サイトはこちら
採用情報はこちら
大阪螺子の海外事業展開
 タイ工場稼働中

物流

お客様へ確実に届けるオリジナルの計数システム & 自動倉庫

お客様へ製品を届ける物流も製品の変化とともに変わってきています。昔は標準的なネジ製品が多かったのですが、最近は高品質・高精度な特殊形状の製品も増えてきているので、製品情報の管理や計数・梱包・出荷も多彩なニーズに応えるよう進化しています。
まず、自動倉庫でコンピューターによる管理システムを導入。オリジナルの計数機や製品トレーサビリティーシステムによる計数不備や異品混入の防止・スピード化を図り、確実にお客様へ製品を届ける体制を整えています。

物流

自動倉庫

自動倉庫

完成した製品は、お客様のご要望の梱包容器に入れられ、自動倉庫に搬入されます。納品するまでの間は、自動倉庫で保管・管理されています。
ネジ製品はひとつであれば軽いですが、まとまるとかなりの重量になります。かつては移動だけでもかなりの人的パワーがかかっていましたが、自動倉庫の導入により、飛躍的に改善されました。
また、自動倉庫ではコンピューター管理で搬入と出荷を同時に制御しています。

製造から出荷まで、オートメーションで人に優しい。

自社開発のオリジナル計数システム

自社開発のオリジナル計数システム

納品時には製品の数を数え、オーダー通りに梱包して出荷する作業があります。
製造工程の度重なる品質チェックにより品質に問題が無い場合でも、出荷時の計数ミスや異品混入があれば不良品扱いとなってしまいます。
人的ミスが最も起こり易い計数部門で、いかにミスを起こさない仕組みを構築するか、という課題を解決するために、大阪螺子では自社開発の計数システムを導入しています。
地域雇用促進の一環として、シルバー人材センターからの派遣スタッフが多い物流センターでは、使用するシステムにも工夫が必要でした。
見間違いを防ぐために数値を大きく表示できるタッチパネルを採用し、タッチするボタン部分はカラフルに色分けを行ない、ミスを防ぐ工夫をしています。
今までは足でペダルを踏む操作が必要なシステムでしたが、タッチパネルになってから体の負担も少なくなったと喜ばれています。
QRコードを読み取ることで、何をどれだけ計るのかがタッチパネルに表示されます。表示された手順通りに作業を行ない、一つの作業が完了する度に★マークが出る、という作業ミスを防ぐ工夫がされています。これがゲーム感覚だと好評で、結果として作業効率もアップしました。
その他にも、現場を考慮した様々な工夫によって開発された計数システムを使用することで、劇的にミスを減らすことができました。

1. 作業者が楽しく間違いなく、しかも簡単に計数できるオリジナルシステムを採用。 2. 製品出荷時の打ち傷が無くなり、出来高も1.2倍に向上。

オリジナルの製品トレーサビリティーシステム

オリジナルの製品トレーサビリティーシステム

品質管理で使用している「製品トレーサビリティーシステム」は、物流でも活躍しています。すべての製品にQRコードがついているので、必要数が入っているかなどQRコードを読み取るだけで状況がわかります。出荷する箱の中身とラベルの貼り間違いなどもないように、生産から出荷間の情報を把握しているので、製造工程だけでなく、材質・仕様など製品構成の追跡管理も行えるようになっています。
このシステムを導入してから現在まで、計数・出荷不備は激減。期待どおりの効果を発揮しています。

システムを導入してから現在まで、不備が激減!
  • 設備紹介トップ
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流

PAGETOP