設備紹介

ホーム > 設備紹介 > 金型製作

  • 設備紹介
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流
ねじと共に75年 特設サイトはこちら
採用情報はこちら
大阪螺子の海外事業展開
 タイ工場稼働中

金型製作

劇的な開発期間の短縮と開発力の向上を実現する金型内製化

金型製作には様々なノウハウが有り内製する事が難しいと言われております。
当社ではお客様の多彩なニーズや短納期を実現する為、独自のノウハウで金型の内製化を行っております。
金型製作に必要な最新鋭のNC機を導入し、プログラムを含め機械を使いこなす巧みなオペレーターにより
精密な加工を行う事で寿命改善と開発力の向上を目的とし日々新しい事に挑戦しています。

金型製作

CAD/CAMシステム

CAD/CAMシステム

同時5軸対応のCAD/CAMシステムを利用する事で、複雑な形状でも高精度な物を短時間で加工できるプログラムを作成する事が可能です。
又、全てのNC機にネットワーク接続する事で機械とのデーター交換が容易にでき、プログラム編集や形状変更が容易にできます。

同時5軸加工でのプログラムは複雑です。実機確認では刃物や機械の衝突を感知できません。当社ではCAD/CAM上で実機に近い状態でシュミレーションする事により、刃物や機械の破損を無くす事が可能です。又、独自の加工方法を盛り込んだオリジナルプログラムにより高精度で且つ高い生産性を実現しています。

5軸マシニングセンター

5軸マシニングセンター

主に放電用電極や機械部品などの精密加工を行っています。
CAD/CAMシステムで作成されたプログラムにより同時5軸制御する事で、複雑な形状を高精度に加工する事が可能です。

3Dモデルの形状を1/1000 の制御による超精密加工で忠実に再現する事が可能です。高速主軸で加工時間の短縮が可能です。

高速NC形彫放電加工機

高速NC形彫放電加工機

金型の加工面は、超硬合金で作成されており、通常の工作機械では加工することができません。加工液中で放電電極を使用し、放電現象を発生させることで、超硬合金部を溶解除去し、放電電極形状を転写したり、電極の動作を制御することで、さまざまな形状を加工部材に転写していくことができます。

独自のプログラムで高精度な加工。

精密ワイヤー放電加工機

精密ワイヤー放電加工機

金型の製作においての精密なカッティングや異形形状の切り抜きなど、特殊形状で精度が必要とされる切断加工に対して、加工液中でワイヤ電極(Ф0.1~0.3)を使用し、放電現象を発生させることで、ワークを溶解除去し、カッティングを行える加工機で、異形形状等の高精度、微細加工、加工精度が求められる金型に使用します。

最適な条件設定のノウハウで、微細で高精度なカッティング加工が自在に行える。

外・内・平面研削盤

外・内面研削盤

金型を高精度に組み上げるためには、金型を構成している部品の外・内・平面研削盤の精度をあげることが不可欠です。
高精度な研削盤と熟練した技能により精密研削加工を行います。

熟練した技能で1/100以下の精度に仕上げます。

ラップ仕上げ

ラップ仕上げ

金型の加工面(超硬合金)を粒度の異なるダイヤモンドペイストを使用し、寸法精度形状を確保しつつ、表面状態を鏡面(Rz0.2以下)に仕上げていきます。
ラップ加工の仕上がりは、金型の寿命に大きく影響する重要な工程であるため、卓越した技能を保有する技術者が加工にあたっています。

熟練した技能で1/100以下の寸法精度形状を確保しつつ、鏡面状態に磨きあげます。
  • 設備紹介トップ
  • 金型製作
  • 圧造
  • 切削
  • 転造
  • 熱処理
  • 品質検査
  • 物流

PAGETOP