採用情報

ホーム > 採用情報 > 調達管理課 2012年入社-新入社員のお仕事

  • 採用情報
  • 採用担当者からのメッセージ
  • 大阪螺子製作所とは
  • 新入社員のお仕事
  • 先輩社員が語るホンネ
  • 採用データ
  • 採用の流れ
  • お仕事Q&A
  • 採用エントリーフォーム
ねじと共に75年 特設サイトはこちら
採用情報はこちら
大阪螺子の海外事業展開
 タイ工場稼働中

新入社員のお仕事

FILE01 調達管理課 2012年入社

入社前の生活と入社のきっかけは?

事務職希望で「誰かをサポートしたい」と面接でアピール!でも実際の配属先は…?

思い出の写真

大学では生活造形学科を専攻していて、主に建築やデザインの勉強をしていました。 数学や理系のことは高校時代に全部捨ててしまっていて、完全に文系。実を言うと、就職する前はプログラムのことは全く分からなかったんです。

就職活動の際は「誰かをサポートする仕事がしたい」と思い、事務職で募集している会社を幅広く探しました。そんな中ちょうどタイミングよく見つけたのが 大阪螺子の事務職募集。同じ大学の先輩方が何人も大阪螺子に就職していたこともあって「じゃあ、ちょっと受けてみようかな」と思ったのがきっかけです。

工場系や製造業の会社を狙っていたわけではなかったんですが、入社試験の時の面接官がとてもよく喋る課長で「こんな人がいるならきっと楽しい会社なはず!」と思い入社を決めました。

面接では「サポートが好き」ということをアピールした記憶があり総務部の一員として内定を頂いたはずなんですけど、なぜか入社してすぐに任されたのは全くの未経験だったプログラムの仕事でした(笑)。

入社前と入社後の大阪螺子製作所のイメージって違う?

楽しいだけじゃない。プロとしての自覚が生まれました。

調達管理課 2012年入社

入社の決め手になるほど「楽しそうな会社」というイメージはやっぱり強かったですし、それは入社した後も変わらないですね。はじめのうちは皆さん“女子新入社員”ということで気を使って頂いてたのか、あんまり話しかけてもらえなかったりもしたんですが、少しずつ打ち解けてくると、みんな優しく気にかけてくれて 思っていた通りすごく雰囲気の良い会社だってことが分かりました。
仕事のやり方に関しては、1人1人が担当を任せてもらっているので、みんなものすごく責任感を持ってやっています。その人にしか分からないという業務の方がどちらかといえば多いので、結構プレッシャーを感じることも。。。
だからその分、みんなで一体感を感じながら仕事をするのとはまた違った、プロとしての自覚や責任感が身につきました。人に頼りすぎることがなくなったというか。
生活面でも規則正しく早起きできるようになって、敬語もちゃんと使えるようになりました(笑)

新入社員の仕事って、どんな感じ?

失敗しても、助けてくれる人がいるから頑張れる


ある日のタイムスケジュール

ラジオ体操・朝礼
リスト配り

リスト配り

バックアップ作業の
完了チェック

・プログラム開発
・社内トラブル発生時の
対応やパソコン設定

プログラム開発

昼食・休憩

テープ交換

テープ交換

・プログラム開発
・社内トラブル発生時の
対応やパソコン設定

終業


最初は何もかもが初めてやることばかりで、まず覚えることで精一杯。できない事が本当に多くて、悔しい思いもたくさんしましたし本当にがむしゃらな一年だったと思います。

はじめのうちは家に帰ってからも自分なりにプログラムの勉強をして、会社ではいろんな経験を積んで やれることが増えた2年目からは、すごくやりがいを感じられるようになりました。「私には絶対無理!」って思うこともありましたが、たくさん失敗を繰り返してもあきらめずに続けていると「私にもできるようになるんだ」って実感できるようになりました。

周りの先輩たちは新人の気持ちをちゃんと分かってくれているし「1年目なんだから分からないことは聞いたら良いよ」と言ってくれます。最初はできなくて落ち込んだりもどかしい思いをすることもあるかもしれませんが周りに支えてくれる人がいるから大丈夫!
今度は私が新しく入ってくる皆さんをサポートするので安心してください!

ぼやきコーナー

今現在の目標

どんなトラブルにも対応できる”頼れる先輩”になること。

今までは学ぶことの方が多く、プログラムを組むにしてもちょっとした修正程度でした。
これからは自分で一から新しいシステムを作ってみたい。
そして、どんなトラブルが起きても「私がいれば大丈夫!」と思ってもらえるような頼れる先輩になりたいです。


取材中のほっとひといき ?撮影こぼれ話?

ふんわりしたオーラでとってもかわいい笑顔。
こんなキュートな女性がまさかプログラミングをされているとは!と取材スタッフ一同驚きました。

穏やかな雰囲気の中にも、仕事に真摯に向き合う姿勢が印象的でした。



PAGETOP