会社沿革

History会社沿革

大阪螺子製作所の歩みは
「挑戦の歴史」

1935年(昭和10年)
大阪市大正区にて発動機用特殊ピンの製作開始
1945年(昭和20年)
茨木市において大阪産業社と改組
1950年(昭和25年)
株式会社大阪螺子製作所を設立し、事業全般を継承
1964年(昭和39年)
取締役社長に西田陽一が就任
1980年(昭和55年)
枚方市に本社工場を移転
1982年(昭和57年)
マレーシアのPSEP社に技術供与ののち資本提携
1992年(平成4年)
冷間圧造・熱処理工場建設、本社工場整備を図る
1998年(平成10年)
ISO9001認証取得(JQA2705)
1999年(平成11年)
枚方市招提田近2丁目に物流センター建設
2004年(平成16年)
本社内に新工場(E棟)完成
2005年(平成17年)
大型パーツフォーマー(6段・550t)導入
2008年(平成20年)
金型内製開始、本社内に新工場(F棟)完成
2010年(平成22年)
大型パーツフォーマー(6段・350t)導入
2013年(平成25年)
タイ工場操業開始
2015年(平成27年)
多関節ロボットを用いた自動化設備の内製開始
2016年(平成28年)
D棟熱処理炉更新、ポリ箱洗浄及び供給自動化設備導入
2017年(平成29年)
取締役社長に西田英夫が就任
2018年(平成30年)
C棟自動搬送車入れ替え、コンプレッサー設備管理のIoT化